女性の乳がんの全摘出について

多くの方が耳にしたと思いますが、北斗晶さんの乳がんニュース
毎年乳がん検診を受けていたのに発見できず、片方の乳房を全摘出されました。

乳がん検診は役に立たない?
そう思ってしまう方が多いと思い、ニュースや報道番組でも詳しく説明していましたね。
北斗晶さんの場合、乳頭の裏にシコリが出来てしまったらしく、それは見つけにくい箇所だったと。
そうですね、シコリは堅い豆のような感触なので、乳頭の裏だと確かに・・・。

あ、TAKUはこういうサービスをやっていますので、シコリがある乳房を触ったことがあるのである程度は判ります。

乳頭の裏なら触診で発見しづらいのは理解できますが、マンモグラフィーでも発見できないんでしょうか?!
そういう箇所まで発見できる検査機器が誕生することを望みましょう。


で、北斗晶さんは切除して10日くらいで記者会見していましたが、それってすっごい決意と勇気だと思いました。
性感マッサージのお客さんにも何人か全摘出された女性がいらっしゃいましたが、全摘出されてからは服を来ても何ヶ月も外出できなかったと。
まして温泉やスパ、下着になる施設には5年行けなかったり。。。

自身が女性でなくなったように思ったり、服を着ていても他人に判ってしまうと思ってしまうようです。
それ以外にも、いろんな考えや感情があったと思います。

そういう奥さんを見て、何とかしてあげたいと思ったご主人に荒療治(?)で連れてこられるパターンが多いのですが、初めて他人(TAKU)にその部分を見られるという事は、死ぬ思いだったと後から聞かされました。
過去にも全摘出された女性を見ていることもあり、何も詮索すること無く普通に性感マッサージを進めたのですが、胸が無くなっても『女性』として接した事に安心され、涙されたんです。
同じく、意を決して(鬼ではないけど)強引に連れてこられた男性も涙。。。

お二人でそれだけ辛い思いをされたんでしょうね?!
(と、ここで書いていますが、TAKUが簡単に書いていいものか・・・?)


多くの自治体では乳がんの無料検診を行っていると思いますので、他人事だと思わず受診してくださいね!
そして、セルフチェックのポイントを指導してもらって下さい。
そうすれば、年に一回の受診で見つからなかったシコリや異変を把握でき、早期対応により初期で治療できるはずです。

恐らく北斗晶さんは、女性の皆さんにそういうことを伝えるために体を張ったのだと思います。
多く有る健康番組ではある程度興味を持った方しか真剣に見ないけれど、有名人がテレビで報道されることによって、実際に多くの方がこのニュースを理解されたと思います。

しかし、勇気のある行動をされた北斗晶に感動です。

TAKU の紹介

平成9年7月より、新美容エステとして開始。  平成9年12月より、お客様の要望により女性用性感マッサージも付加。 20年の信用・実績?    女性が安心して好奇心を楽しめるよう、このようなサービスですが真面目に取り組んでいます。
カテゴリー: ハートラインTAKU 関係, 美容・健康・婦人病など   パーマリンク

コメントは受け付けていません。